夏の落とし穴

暑い日が続きますね。子どもたちは楽しい楽しい夏休み。

さて、私は長く塾でアルバイトしていたので、この時期の学校(主に義務教育や高校)以外の講師の忙しさが手に取るように分かる。夏休みは勉強の面で意外と危険な時期だとも言えます。

夏休みの殆どを塾で過ごす子(特に受験を控えた年齢)が多く見受けられます。子ども自身も長時間、塾で講義を受けることで『分かった気』になっていることも多い。それに保護者の方も『これだけ塾に行っていれば』と安心している節もある。しかし、ほとんどの塾は夏休みの講義=総復習の時期。大切なことは、『苦手科目を克服すること』が大事で、『理解している事を何度も解いても得点力がアップすることではないこと』を気づいて欲しい。

長時間の拘束による苦しさから逃れようと、宿題の間引きや答えの丸写しなど行ってしまう状態にまで追い込まれてしまうお子さんも毎年出てきます。夏休みは苦手克服の時期ではありますが、場合によってはプレッシャーやストレスにより、やる気を削がれてしまう子も中にはいます。

ですから、一番必要なことは親の目。塾に丸投げノーチェックでなく、この子は何が苦手であるか理解した上で『お子さんと一緒に優先順位』を付けていきましょう。

「本当に理解できているのか」の再確認。理解とは、同じ問題でなく類似問題でもなんなく答えられる、ヒントなしで一人で解けるではじめて達成出来たとカウントします。そこから、アドバイスや戦略を家庭で話すのも大切なことだと感じています。

 

アクセサリー作りでも同じことが言えると思います。講師の下で基礎を学ぶ、だけではその先には進めません。自分で苦手な作業をコツコツと自宅に帰って繰り返し繰り返し行うことで技術を磨く。次のステップへ進むの繰り返し。

 

当スクールは、お盆休みなどありません。いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。子どもたちと違って、追われる心配はありませんのでゆっくりと自分のペースで。

浜松 スクール ジュエリー

前の記事

癒しというお仕事

次の記事

見極める力