見極める力

大手の専門学校から個人のスクールに移動して来られる学生さんがいます。

自分自身が大きな塾で働いて感じたことは、通う個とスクールに合う合わないがあるということ。ある程度通って(~半年程度)頑張れば何となく分かってきたという実感が出ると思うのです。その期間を過ぎても「う~ん、合ってるのかな」と感じるようであればどんな有名校であれ、個とのミスマッチが生じている、現状に合っていないと判断しても良いかもしれません。

 

自分自身の夢への達成方法は様々。結局、土台である基礎を中心に自分のペースで丁寧に学習を進めて行ける環境が近道だったという人も多いもの。

この考え方がすべての人に当てはまるか?と言われればそうじゃない人もいると思う。でも、スクール選びをしれいる方に少しでもヒントになればと思います。

前の記事

夏の落とし穴