スクールで大事なこと

スクール選びで大事なことは、私はどれだけ講師をフル活用して使い倒すかだと思います( ´▽`)

大手のスクールでは「講師の出来ること、出来ないこと」があります。企業が大きく、講師が多くなればなるほど講師の自由度が狭くなります。企業のルールも厳しくなるからです。実際に長年、講師をやっていれば生徒の「あれも」「これも」の要望も分かっているはずです。でも、一人の生徒に行えば、すべての生徒に公平に行わなければなりません。生徒数の多いクラスの担当であれば、手取り足取りの指導は厳禁です。

予備校などであれば『合格実績』という言葉。あれは上位の子たちが叩き出した数字だということ。1人で4~5校の合格大学を貰ってもその数字は加算されます。

当スクールは、少人数で講師も一人(今後増やす予定あり)。実際に独立された方も多数います。少人数制にすることで、一人一人と接し自由度の高い指導を行えるような環境作り、実際に習ったことを武器に役立つ内容を濃くを心がけております。

10年程通われていた方は、講師の手を借りずに淡々と製作していました。それは「自己責任の徹底」とでも言いますか、生徒さんの大人度が反映されます。『自分で考え、自分で工夫する行動』『思考習慣』が要求されます。趣味や入ったばかりの人~卒業してもなお自分自身を磨きに通う方まで、様々な方のいる中で自分を高める。それには基礎作りも大切。講師はその努力に一緒に寄り添いながら指導していく覚悟です。

 

堅苦しい話でした?が、スクール的には思っているよりゆるい感じです。興味が沸いたら、お気軽に

浜松 スクール ジュエリー

 

前の記事

見極める力

次の記事

お盆を侮るなかれ