浮き沈みの激しい世界

結婚指輪 スクール ジュエリー

 

みなさんはアクセサリー雑誌などを見る機会はありますか?

毎年年末になると思うことがあります。この雑誌に掲載されている作家は、いつまで続くかな?ということ。雑誌は何年も出ているのですが、ずっと購読していると中に掲載される作家や店舗はすぐに変わっていきます。それが意味するものとは何だろう?

いつの時代も『自分を表現する方法』としてデザイナーなどの仕事に憧れる人はいるもの。つい最近はハンドメイドブームなどもあり一気に作家は増えました。しかし、それも鎮火し、また元々いた実力のある作家が盛り返してきたようにも感じます。

なぜだろうと考えた時、商品は消費者が買うモノ。自分で自信を持って売り出しても選ぶのはお客さま。最初は売れても続かないのは、似たような商品あって自分の作品が選ばれていないとも限らない。数ある品の中で【埋もれてしまう程度】だったということ。

私たちアクセサリー作家は、品を売ることも大切ですが一人一人のファンを増やすことも大事なんじゃないかと思っています。人気のある作家には根強いファンがいて作家がどれだけ増えようが、お客さまの欲しいモノを売るだけなのでびくともしません。それがプロである所以、ポッと出のなんちゃって作家と違うところ。

そのしっかりとした基盤には、やはり高い技術力や知識も必要だと感じます。卒業生の中には、確実に技術を身につけ地道ではありますが頑丈な基盤作りが出来ている方もいます。同じようなレベルの人が周りにいれば切磋琢磨し刺激にもなります。

新規のスクールですので、みな初心者からスタートしたばかり。一緒に学んでいきませんか?

資料請求は下記からどうぞお気軽に。

浜松 スクール ジュエリー