個性とは必要なのか?

スクール 独立開業 学校

ふとこんな疑問にぶつかる時がある。

【そこに個性が必要なのか】

私は作成側でなく、いち消費者として商品が個性的だから買うわけではない。個性的だから素敵ではなく、自分に合うモノ、欲しいモノ、使いやすいモノを買うのだ。そう考えるとつくり手は、個性的でないことを悩む必要はない。

同じデザイナーでも個性的で大変美しく、凄いと感心するものを作る仲間も存在する。しかし、買うのは消費者である。圧倒的な個性的作品というモノはお客さまを選ぶ。個性が強すぎて、使いこなせる人が少ない=売れない。

普段使いではシンプルなものが好まれ、個性的な作品(商品)はアート的存在でありそう好んで人は少ない。

根底には、確かな技術が必要ではあるが。指輪であれば石を入れようが模様を入れようが所詮リング(指輪)なのである。私たちに求められるものは、お客様のニーズや想いを形にする作業。

浜松 スクール ジュエリー