苦労と悲鳴。名前付けの恐怖

ピッカピカの一年生になる前に・・・。母には地獄が待っている。その名も【名前付け地獄】100以上のモノに名前を貼ります(書きます)

すべてのモノに名前を書いていく緻密な作業です。クレヨン、クーピー、鉛筆、一本一本にも名前を付けていきます。特に地獄と呼ばれるのは算数セット。足し算や引き算などをわかりやすく学ぶ為に、おはじきやカード、マグネット等に一つずつ名前を付けていきます。30個のマグネットや10枚単位のカードや棒、小さなおはじきなど。鉛筆や消しゴムに名前を付けるのが超簡単だったと感じるほどの小さな一つ一つにピンセットで名前シールを貼ります。シールを購入した際に、ピンセットが付いてきたのですが理由が分かりました。必須アイテムでした。

←これを楽天で購入

知り合いに間違えて自分の名前書いちゃって、もう大人なのに泣きそうになったという話を聞いていたので、即お名前シールを購入。でも、これって性格が出るのか私はぺたぺた適当だけど、旦那はきっちり綺麗に貼るので時間かかってました。

あとは、印鑑と専用のペンで何とか、打倒 名前付け地獄 です。

 

大好きな名前、産まれた時に一生懸命に考えた大切な名前。こんな意味を持ってアナタに名前を付けたんだよ、って言いながら楽しむ【名前付けイベント】も良いけど、忙しい家庭ではやっぱ時短テクニックも必要ですよね。こんなにも頑張って作業したんだから、子どもには頑張って勉強して貰いたいものです。ホントに。

 

記事:マーケティング部 寺田