私がお酒を飲まない訳in飲み会にて

nomi

今日は、元職場の送迎会でした。私は【お酒が飲めます(ザルを通り越してワク)】が基本的には飲みません。

「最近の若者は、酒を飲まない」って聞きませんか?理由があるのも知っていますか?

それはね、とりまく環境なんです。昔は、酒を飲んでウサを晴らしていた。しかし、今はどうだろう?酒なんて飲まなくても自分を発信できる場所がある。ネット上であったり、オンラインゲームであったり。同じ仲間を募って体験を共有だって出来る、そんな環境が揃っている。

聞けばすぐにグーグル先生は教えてくれるし、質問すればその道のプロにだって聞ける。年齢も地位だって問わずに知り合いになれる。人は寂しい。寂しいものですね。昔の人たちは、会社や知り合いそして酒があった。でも、今はそのお酒というモノがスマホやネットというインフラに変化した。ただそれだけ。

 

私だって年に数回、浜松祭りや飲み会の時くらいは飲みます。酒を飲む人は、飲まない人間を悪く言う大人も多い。おじさんたちは飲まない人への理解が薄いのです。

でも、昔の人がいるから今がある。だから、私は【飲む人】を悪くいうこともないし、感謝もしている。でも、お酒を飲まなくったって、人生を充実することは出来るんだって知っている。今の若者が【飲まない】のはそんな理由なんじゃないかなぁって感じています。