『キャリア』は必要か?

今日は、『キャリア』が必要なのだろうかと言う話。
最近「キャリアが大事」「キャリアを積もう」という話が少なくなった。時代遅れなのだろうかとも感じる。キャリアというと、何を想像しますか?学歴や持っている資格など人によっていろいろ思い浮かぶと思います。では、今の時代にキャリアは必要なくなったのでしょうか?

いいえ。私はそうは思いません。

【キャリア】というのは2つに分かれます。
一つは、【外的キャリア】。上記で述べた学歴や職種等の皆さんがイメージするキャリアがこれに当たります。今後、これらはAIやロボットなどの機械化の発達によって価値が下がると推測されます。ですから、キャリアが時代遅れに感じると錯覚を起こすのだと思います。

もう一つが、【内的キャリア】。なぜその仕事をしたいのか、なぜその学校に行きたいのか、なぜその職種に就きたいのか、そんな自分の中から湧き上がる『なぜ』に相当するのがこの内的キャリアです。

今の時代、外的キャリアがある日突然無くなってしまうという事も考えられます。会社が倒産したり、機械化による人員カット、業務縮小など。しかし、その先に生きていくにはやはり内的キャリアは必要になってきます。だから、内的キャリアは、人生の軸としてだけでなく生きがいや自分の幸せにも大事になってくるモノだと思っています。漠然とこんな事が仕事になるといいなぁ、こんな事したいなぁという思いは誰にでもあると思います。しかし、この思い=内的キャリアかと言われると一概にもそうとも言い切れません。自分の思い込みで選んでしまうと痛い目に合います(w

では、どうしたら良いのか?
1)新しい事柄はイメージが先立ってしまう為、本当に自分の求めているものなのか見極めが必要。それには情報収集が大事。
・体験教室や職場見学
・身近で知っている人がいれば話を聞く。
・SNS
など

2)とりあえず、チャレンジしてみる。
過去の経験値の少ない若い人には、内的キャリアの選択肢が少ないです。だから、判断材料を増やす為に、さまざまな事にチャレンジし可能性を増すことも大事。1を知って1を行うよりも、10を知って1を行えればそっちの方が視野は広がります。内部キャリアは、一生自分の中にあります。健康、人とのつながり、経済力、内部キャリア。これが幸せな人生を送るために欠かせないアイテムになってくると思います。ぜひ、内部キャリアも磨くことをおススメします。

今後、色々な資格や学歴が陳腐化していくでしょう。しかし、わたしたちの仕事(アクセサリー作り)は、人間が手で作り上げていくもので今後、消えていく仕事ではありません。卒業生の中には、本業は本業。趣味として楽しいから習っているという方もたくさんいらっしゃいました。ヒューマンスキルを高めることだと思っています。

うちのスクールがどんなことをしていて、その先にどんな未来が待っているんだろうと感じている方。資料請求はこちらから。体験教室一回分付いていますので、実際に体験してみるのもおススメします。

浜松 スクール ジュエリー