練習は嫌いです

今日は、私の偏った自論なので読み物程度で。

小さい頃、ピアノを習っていました。今、ピアノを弾くことはしません。

小さな頃から考えは変わらない。練習が嫌いだからです。練習は素晴らしいもの、やったことは嘘をつかないとか、練習そのものを美化する行為が嫌いで、コンクールなどの本番で失敗すれば練習不足のせいにする。それは逃げだと思う。

練習に練習を重ねる行為は、パターン化したモノを手放したくなくなる意固地にさせると思う。自分を型にはめてしまう程の練習癖は良くない。失敗しても本番で学び、練習から逃げず、本番で鍛えて行くという方が絶対に正しいと思う(自論)

練習するという事は、とても良いことだと思います。何度も何度も練習をしている姿は謙虚さを感じます。頑張っているんだなぁとも思います。でも、世の中には、不条理な本番の毎日です。練習しパターン化した頃には変わっていることもあります。

それでも、あなたは繰り返し繰り返しの練習が好きですか?

 

なつき記