Art Wax

私たちがよく目にするジュエリーの多くは、ワックスモデリングという技法を使って作られています。今までのワックスモデリングはマスターするのに長い修練の必要な技法でした。アートワックスは、このワックスモデリングを進化させたテクニックで、初心者でも簡単にジュエリーを作ることの出来る新しい技術です。

ジュエリーが出来るまでを簡単に見てみましょう。

 

1、原型つくり

一点ものであれ量産品であれ、まずは原型つくりから始まります。
原型つくりには、金属を直接加工してつくる地金原型、ワックス(蝋)からつくるワックス原型、パソコンで作って機械で切削するCAD原型の3種類があります。

2、鋳造

ワックスの原型は、鋳造という工程を経て貴金属のジュエリーとなります。
鋳造は、まずワックスを石膏で固めて焼くことで中のワックスが溶け中空の石膏型をつくります。そこに溶けた金や銀、プラチナなどを流し込むことで、ワックス原型とまったく同じジュエリーをつくる工程です。

3、仕上げ

出来上がったものを、綺麗に磨き上げ石留やレーザー加工等を加えれば私たちがよく見るジュエリーの出来上がりです。

アートワックスのメリット
●従来のワックスモデリングは、細かい作業が多く使うワックスも硬く初心者では難しいと言われていました。しかし、アートワックスは溶かして盛ることも出来るので、自分で納得できるまでやり直しが出来るので誰でも簡単にできます。

●工房と言えば、たくさんの工具に囲まれているイメージがありませんか?アートワックスは、とても少ない道具で始められます。すべて並べても小さなテーブル一つで収まります。

鋳造は職人の手で。

本格ジュエリーには、「鋳造」や「磨き」、「石留め」といった工程が不可欠。しかし、それには熟練の技や大がかりな機械が必要になってきます。

そこで、当スクールでは【JJCAのクラフトマンサービス】を採用しております。これは鋳造、磨き、石留め、メッキ、量産などをそれぞれを熟練の職人が行ってくれるセントラル受託システムです。スクールでは、デザインと原型の創作に没頭できる環境を整えています。

当スクールとJJCAは、ジュエリークリエーターとしての活動をサポートするため様々な活動を行っております。

アートワックスでジュエリー創作、始めませんか?

 

お気軽にお問い合わせください。053-589-3858受付時間 9:00-20:00 年中無休

お問い合わせ・入学申し込み