ヤマハのピアノは世界一

昨日は、のんびり楽器店を見て回っていました。

皆さんは、ヤマハと聞いて何を思い浮かべますか?私だったら真っ先に、「ピアノ」と答えると思います。ヤマハのピアノは世界一だと思っています。商品としての世界一の定義を満たしているという意味で世界一というだけ。大量生産、品質管理された工業製品であるピアノ。規格通り、耐久性、寸法通りの一級品を作る技術は日本の得意分野です。

ただし、このピアノが発する音が世界一かと聞かれれば、ピアノは楽器。そうとも言えませんよね。

私はもし出来ることなら、スタンウェイ&サンズのピアノが欲しいですが( ´艸`) ピアノは一台一台音色が違います。人によって好みもあります。だから、『楽器としての世界一』はどれと簡単には言い切れません。

日本国内でもかつては50社近くのピアノメーカーがありました。ここ浜松には20社くらいありました。現在、日本に残るピアノメーカーはヤマハ(浜松)、カワイ(浜松)、東洋ピアノ(磐田)の3社のみ。

うちのピアノは、古いものです。実家の倉庫で眠っていたものを、修理&調律して使っています。ボロボロで眠っていたピアノも、修理に出したら本当に新品のようにピカピカになって帰ってきました。ピアノの寿命は100年以上あるという話は本当なんですね。帰ってきた時は、本当に感動しました。

今でも国内メーカーの高品質な品を探す人には、中古の60~70年代のモノに絞って探す人も多くいらっしゃいます。現在の新品の物は、中国で生産されたものや外国産の木材を使用している為に高品質とは一概には言えないためです。実際に中古の古いピアノの方が、確実に良い木材を贅沢に使っています。今は使える木材の調達やコスト削減のため昔と違い良い材料を贅沢に使うという事が難しくなっています。また、コスト削減のためにプラスチックを使用することもあり、昔のピアノと違う不具合を引き起こします。

ものつくりの街、浜松。ヤマハやスズキを育てた浜松では、新たな価値を創造する取り組みが動き出している。人口やニーズを考えれば、大都市で営業した方がいいと思われますよね。でも、この街が好きだから、ものつくりの街で新しい風を吹かすことの出来る若者を育てたい、発信していきたいという思いでこの地で長年、教えています。身近で、最新の技術を学べるとびっくりされる方もいます。わざわざ遠くから通ってきて下さる生徒さんもたくさんいます。

興味のある方は、一度 遊びにいらしてみませんか?資料請求された方には、体験教室1回分無料です。お気軽にどうぞ。

浜松 スクール ジュエリー